数量は多い - PROJECT/ルディプロジェクト SENSOR センサー アイスブルーフレーム マルチレーザーアイスレンズ RUDY shkbb783416-スポーツアクセサリー


今ならメガネストラッププレゼント adidas スポーツサングラス adivista a165S color:6093
  • 共同企画
  • 中川美音子
同時にバス会社は運行指示が充分でなかったとして罰金が課せられ 千葉県出身。株式会社パトラッシュ代表取締役。ネットを中心とした広告の企画・制作を数多く手がけ、CANNES LIONS、One Show、ACCなど国内外の広告賞を多数受賞。日産自動車、日本電気、日本郵便、TOYO TIRESなどのブランディングショートムービーの企画・制作も数多く手がけている。映画の企画は本作が初めてとなる。
  • 音楽
  • 山下宏明
東京都出身。映画、ドラマ、舞台、CMなど多方面で作曲家として活躍。主な作品として、岩井俊二プロデュースの映画『虹の女神』(06/熊澤尚人監督)以降、『終着の場所』(常盤司郎監督)、『暗黒女子』(17/耶雲哉治監督)、『クソ野郎と美しき世界』(18/園子温監督ほか)など。映画以外では草彅剛主演舞台「家族のはなし PART I」(19)、ドラマ「東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの」(16/WOWOW)などがある。2 016年、au「海の声」では第58回日本レコード大賞優秀作品賞(編曲)を受賞している。
  • 撮影
  • 山本英夫
岐阜県出身。日本映画大学の前身である「横浜放送映画専門学院」卒。『HANA-BI』(98/北野武監督)で第42回三浦賞、ポーランドのカメライメージ、シルバーフロッグ賞、『HANA-BI』、『中国の鳥人』(98/三池崇史監督)で第53回毎日映画コンクール撮影賞、『ホワイトアウト』(00/若松節朗監督)で第24回日本アカデミー賞優秀撮影賞、『THE 有頂天ホテル』(三谷幸喜監督)、『フラガール』(06/李相日監督)で第30回日本アカデミー賞優秀撮影賞を受賞他、第27回横浜映画祭撮影賞など。2012年には『ステキな金縛り』(三谷幸喜監督)で再び日本アカデミー賞優秀撮影賞受賞。近年には『3月のライオン』(大友啓史監督)、『昼顔』(17/西谷弘監督)、『記憶にございません』(19/三谷幸喜監督)、『罪の声』(20/土井裕泰監督)がある。
有権者が妊娠した女性に都議になってもらいたいと票を入れ代表者になったのだから
  • 美術
  • 清水剛
神奈川県出身。主な作品は『EUREKAユリイカ』(00/青山真治監督)、『ウォーターボーイズ』(01/矢口史靖監督)、『接吻』(06/万田邦敏監督)、『舞妓Haaan!!!』(07/水田伸生監督)、『アンダルシア女神の報復』(11/西谷弘監督)、『リアル~完全なる首長竜の日~』(黒沢清監督)、『共喰い』(13/青山真治監督)、『ラブ;ピース』、『ひそひそ星』(15/ともに園子温監督)、『信長協奏曲』(16/松山博昭監督)、『忍びの国』(17/中村義洋監督)、『センセイ君主』(18/月川翔監督)、『十二人の死にたい子どもたち』(19/堤幸彦監督)など多数。
  • 衣裳 
  • 宮本茉莉
福岡県出身。STAN-S主催。「SPUR」などのファッション誌を経て、映画へ転向。CM、ドラマ作品など多岐にわたる。主な映画は『父と暮らせば』(04/黒木和雄監督)、『八日目の蟬』(11/成島出監督)、『勝手にふるえてろ』(大九明子監督)、『武曲』(17/熊切和善監督)、『スマホを落としただけなのに』(中田秀夫監督)、『羊と鋼の森』(18/橋本光二郎監督)など。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(17)では衣裳監修。最新作に『最高の人生の見つけ方』(犬堂一心監督)、『見えない目撃者』(森淳一監督)、『ロマンスドール』(19/タナダユキ監督)がある。
  • フードコーディネーター
  • 赤堀博美
東京都出身。日本女子大学大学院修了。明治15年創立、日本で最古の家庭料理の料理学校である「赤堀料理学園」6代目校長。大学の非常勤講師を務める他、テレビの料理番組やドラマ、CMでの料理指導やフードコーディネート、食品メーカーのメニュー開発などを担当。管理栄養士としても、数多くの講習会やテレビ出演、出版物での栄養指導を行っている。
  • 整音
  • 横田智昭
栃木県出身。音楽映像作品、ドキュメンタリー作品、CMに多数携わる。常盤司郎監督の作品では短編映画『クレイフィッシュ』(10)、『皆既日食の午後に』(11)、『終着の場所』(17)を始め、CMなどの数多くの作品に整音・音響効果として参加している。「(株)丸二商会マルニスタジオ」所属。 
普通に考えてそんな議員がでるとはとても思えない
  • 照明
  • 小野晃
社会を変えるためには意思決定の場にもっとたくさんの女性が採択されるべきだ 北海道出身。1983年に深作欣二監督『里見八犬伝』から照明技師・渡辺三雄氏に師事。1 9 9 6 年、森田芳光監督『(ハル)』で技師デビュー。『失楽園』(9 7/森田芳光監督)、『フラガール』(李相日監督)、『THE有頂天ホテル』(06)、『ステキな金縛り』(11/ともに三谷幸喜監督)で日本アカデミー賞優秀照明賞を受賞。他に『バトル・ロワイアル』(00/深作欣二監督)、『ゆれる』(06/西川美和監督)、『容疑者Xの献身』(0 8 / 西谷弘監督)、『清須会議』(1 3 /三谷幸喜監督)、『億男』(18/大友啓史監督)など。
昨年出産した金子議員も出産前に切迫早産になっている
  • 録音
  • 小宮元
茨城県出身。『愛のむきだし』(09)を始め、『冷たい熱帯魚』(10)、『希望の国』(12)、『地獄でなぜ悪い』(13)、『映画 みんな!エスパーだよ!』(15)など園子温監督作品に多く参加。他に『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(10/錦織良成監督)、『しあわせのパン』(三島有紀子監督)、『ツナグ』(12/平川雄一朗監督)、『もらとりあむタマ子』(山下敦弘監督)、『麦子さんと』(13/吉田恵輔監督)、『太陽』(16/入江悠監督)、『海辺のリア』(17/小林政広監督)、『美人が婚活してみたら』(大九明子監督)、『夜明け』(19/広瀬菜々子監督)など。
  • ヘアメイク
  • 橋本申二
山口県出身。ヘアメイク事務所「atelier ism®」代表。主な作品は『ライク・サムワン・イン・ラブ』(12/アッバス・キアロスタミ監督)、『許されざる者』(13/李相日監督)、『天の茶助』(15/SABU監督)、『山河ノスタルジア』(16/ジャ・ジャンクー監督)、『ミスター・ロン』(SABU監督)、『彼らが本気で編むときは、』(17/荻上直子監督)、『寝ても覚めても』(1 8 /濱口竜介監督)、『長いお別れ』(中野量太監督)、『新聞記者』(19/藤井道人監督)。広告はソフトバンク12年担当、マクドナルド、コカコーラなど多数。パリコレクションにも参加している。
  • 山岳コーディネーター
  • 大森義昭
または15分と30分と分けて休憩することが義務付けられている 神奈川県出身。30歳の頃、渓流釣りに興味を持って山に入ったところ、山の魅力にとりつかれる。その後、JECC(日本エキスパートクライマーズクラブ)での活動や個人山行で、谷川、穂高、八ヶ岳を中心に日本中の岩壁を登攀。97年より山岳ガイドとして活動。「Climbing School Off ice.Alpine」主宰。公益社団法人 日本山岳認定ガイド、株式会社石井スポーツグループ 山岳アドバイザー、マウンテンウェアの「MONTUR」、「HOTCHILLYS」ブランドアドバイザー。堤真一、草彅剛出演の舞台『K2』(10)、小栗旬、長澤まさみ出演の『岳-ガク-』(11/片山修監督)でも山岳コーディネーターを務める。
  • 音楽プロデューサー
  • 鮫島充
鹿児島出身。CMを中心に舞台、映画など幅広く活躍。主な活動に「ミラノ万博日本館」、「国立科学博物館 地球史ナビゲーター」、「NHKトップランナー」オープニングテーマ、舞台「学蘭歌劇 帝一の國」、「MATUSUぼっち03」など。常盤司郎監督『終着の場所』(17)の音楽を担当。CMでは「BUYMA“A Kind Drone”」がカンヌライオンズ シルバーライオン(デザイン部門)、「ネピア“Tissue Animals”」がアヌシー国際アニメーション映画祭クリスタル賞(広告部門)を受賞している。「P-CAMP」所属。
  •  
イラスト1
(スワンズ/SWANS)(自転車/サングラス)SOU PRO-C-3109 [PI/GM] SOU PRO コンパクト サングラス


					Production Note Production Note

7年の歳月を費やしたオリジナル脚本
映画『最初の晩餐』のはじまり
 2012年12月、杉山麻衣プロデューサーが常盤司郎監督に企画の相談を持ちかけたのが本作のスタートとなった。当時シングルマザーだった杉山はステップファミリーを題材とした映画を作りたいと考えた。まず常盤監督は共同企画の中川と共に骨組みを作る。その中で「最後の晩餐」と名づけられた企画書を読んだ監督が「これは“最後”でなく“最初”になる気がする」と直感し、映画『最初の晩餐』が立ち上がる。常盤監督は翌年夏からシノプシス作りを始め、2014年に脚本が完成。監督の故郷・福岡の筑豊が舞台、自身の父ががんと告知されてから、亡くなり、葬儀が行われるまでに感じた想いが物語の基軸となった。
日本映画を代表するスタッフが集結
 その後、プロデューサーの森谷雄と鈴木剛が参加。「今だからこそこの映画を作るべきだと感じました」(森谷P)。そして日本映画を代表する撮影監督・山本英夫が完成度の高い脚本に唸り、参加を表明。美術監督・清水剛やメイク・橋本申二など次々と経験豊富なスタッフが集まってくる。また、監督に魅せられた広告業界のトップクリエーターたちも参加し、業界を越えた異色のチームができあがった。
有権者が妊娠した女性に都議になってもらいたいと票を入れ代表者になったのだから 『最初の晩餐』場面写真
完成度の高い脚本に導かれた俳優陣
国会中継で寝ているオヤジ議員なんてたくさんいるではないか 主演の麟太郎役には「オリジナル脚本に惚れ込んだ」という染谷将太が決定。制作陣は妥協のない理想的なキャスティングを模索する。父・日登志に永瀬正敏、母・アキコに斉藤由貴、長女・美也子に戸田恵梨香、そして長男・シュンに窪塚洋介が決まり、初の長編映画としては考えられない豪華な俳優陣が集まった。「この俳優陣が脚本と可能性だけを信じて出演を決意していただいたことに、大きな感謝と誇りを持っています。想像を超えたスタートラインに立つことができました」(常盤監督)。ほかにも池田成志、菅原大吉、カトウシンスケ、玄理、山本浩司といった多彩な顔ぶれが脇を固めた。
『最初の晩餐』場面写真
妊娠-出産-育児を任期中にする女性議員は増えていかない 『最初の晩餐』場面写真
ここで紹介する「バス運転手の道路交通労働時間法」は 『最初の晩餐』場面写真
宋美玄氏の記事:「国会議員の出産-育児はいけないことなの?」
理想的なロケ地だった長野・上田
出産適齢期の女性を政治から遠ざけてきた弊害が出ている 舞台の設定は筑豊だが、ロケ地は都内近郊から探す中、長野・上田が選ばれた。上田は撮影に適した全国有数の少雨地帯で、周辺には山々もあった。また、東京からの距離も重要だった。「日帰りできるような距離ではダメだったんです。この映画は家族をテーマにした物語。そのためには俳優部、スタッフの距離を近くしたくて、合宿スタイルで撮る必要がありました」(常盤監督)。
鈴木貴子議員批判などへの違和感…それは本当に「特権」なのか?過剰な反発が自分の首を絞める 季節を分けた贅沢な撮影
 映画は過去パートの冬編、現在パートの夏編と季節を分けての撮影。2018年2月17日、永瀬、斉藤をはじめ、子ども時代を演じる森七菜、楽駆らが登場する冬編がクランクイン。初日は家族5人が初めて顔を合わせるシーン。よそよそしく居心地の悪い家族の雰囲気がカメラに収められていく。
『最初の晩餐』場面写真
シーンへのこだわり
 撮影中、監督と永瀬が話し込んでいた。母が不在の夜、父と子どもだけで餃子を作る印象的な場面だが、永瀬は自身の思い入れとアイデアを語る。その結果、脚本とは異なる流れに変更し、撮影は翌日に持ち越された。当初考えていたより長いシーンとなったが、父の気持ちが強く伝わる名場面に、現場で涙をこぼすスタッフも。
過酷な山での撮影
 終盤に入って、登山道、岩場、雪山など様々な山での撮影が始まる。荷物を運ぶ背負子(しょいこ)部隊も参加し、過酷な撮影が続く。登山家を演じる永瀬は、演出に応えようと懸命に山に挑んだ。絶壁を登るクライミングシーンも自ら命綱をつけ登った。そして迎えた最終日の3月2日、家族5人で春山に登るシーンを晴天のなかクランクアップ。全14日間の行程だった。
夏編の撮影スタート
 2018年6月21日、夏編では染谷、戸田、窪塚ら大人になった東家の面々がクランクイン。冬編から3カ月空いての撮影だったが、美術監督のアイデアで台所の壁が塗り直されたり、庭の池が埋められたりと、15年の歳月を感じさせられる工夫が随所に施され、スタッフも登場人物同様に久しぶりに東家に戻った気分にさせられ、驚かされた。
通夜での晩餐
映画のもう一つの主役は、現代と過去の記憶を繋ぐ「食」。監督の体験した出来事が多く、フードコーディネーターの赤堀博美は「監督の記憶の中にある食」を見事に再現する。劇中で、記憶が蘇る大切な料理として「目玉焼き」が登場するが、より映画的に記憶が蘇る必要性を感じた監督は、脚本を書く際に様々な食材を試し、ようやく「チーズ目玉焼き」にたどり着いたという。
「あくまでもその任期ごとで責務を全うすることが前提であり 『最初の晩餐』場面写真
常盤監督の演出
 夏編の撮影は冬編に比べ、ハイペースで進んだ。常盤監督にとって、初の長編現場だったが、撮影が冬と夏の2回に分かれたことで、リズムを掴んでいった。中盤には、日暮れまで3時間待ちとなった時も。監督と戸田が畳の上で、ゆったり寝転ぶような姿で脚本や役柄について話していた。常盤監督は俳優陣と共に現場を作り上げていく。染谷も「脚本家としてのエゴを押しつけず、一緒に作り上げる演出がとても居心地が良かった」と話す。
クランクアップ
 いよいよ迎えた最終日の7月7日は、日登志とシュンによるすき焼きのシーン。監督と俳優陣で幾度も議論が尽くされ、永瀬、窪塚、斉藤による静かな熱演が名場面を生みオールアップとなった。アップの直後、声を震わせ挨拶をする斉藤の目に涙が……。長年企画を温め続けた監督たちをはじめ、俳優陣やスタッフの作品に対する想いを象徴する瞬間に、その場にいる全員が感動していた。夏編は全16日間。ほかにも、桜や春山、食べ物の撮影もあり、撮影は33日間に及んだ。
『最初の晩餐』場面写真
たとえば貧困問題やLGBT問題は一生涯にわたる問題だが 『最初の晩餐』場面写真
『最初の晩餐』場面写真
『最初の晩餐』場面写真
これが職場で上司が女性部下に「妊娠して体調が辛いでしょ 『最初の晩餐』場面写真
被害が妊娠-出産-育児といった一時期に行なわれるため 『最初の晩餐』場面写真


					Message Message

2週間続く運転は上限90時間まで(運転手1人の場合)
任期の大半を「育休」するような形になっておきながら
シイタケが嫌いな常盤司郎監督の「最初の晩餐」、いい味に仕上がってると思う。
効率よく公用車を利用したのが” 特権”という遥かに高いポジションに据えられては
漫画家(『深夜食堂』)
見たことのない染谷将太。見たことのない戸田恵梨香。見たことのない永瀬正敏。見たことのない窪塚洋介。見たことのない斉藤由貴。名優たちが挙って挑んだ、この一見どこにでもあるような家族の映画に、観客は心大きく掻き乱されるだろう。
「女性議員が妊娠することが問題なのではなく
ドイツのバス事情 運転手「低賃金」と「過酷な業務」は日本と同じ?!(シュピッツナーゲル典子) - 個人 - Yahoo!ニュース 倉本美津留さん
放送作家
これが職場で上司が女性部下に「妊娠して体調が辛いでしょ
効率よく公用車を利用したのが” 特権”という遥かに高いポジションに据えられては 家族の形は、移ろいやすい。水のあわのように生まれてきた瞬間、選べぬまま誰かと誰かの子どもとなる。誰かと誰かを「お父さん」「お母さん」と呼び、以降憎んだり愛したり。くっついたり離れたり。
それが家族。暮らし。人生。
産婦人科医の宋美玄(そん-みひょん)氏がこれらに触れた記事を7月21日に投稿すると
澤田康彦さん
話は父の通夜を起点に展開していく。あるファミリーの物語を俯瞰で見る面白さ。
アウトバーン(高速道路)や一般道路で警察が電子記録を抜き打ちチェックすることもある 鋤田正義さん
写真家
出産育児で休んでいる間も多額の給料が支払われていることが問題」
その場合は他の日の運転時間を短縮し調整する スーッと入って、えっ!と驚かされ一気に始まり泣いて笑って頷き微笑んで驚いて終って、放心した。
無愛想なのに、愛おしい、最も好きな一本となった。
国会中継で寝ているオヤジ議員なんてたくさんいるではないか 遠山正道さん
Soup Stock Tokyo 創業者
海外でも堂々と勝負できる、手放しに勧められる類まれな日本映画。演じる者と観る者の知性と感性を信じた常盤監督の静かな自信が作品にみなぎり、静かに盛り上がる感動の爆発の余波が鑑賞後も惜しみなく押し寄せる。
ここで紹介する「バス運転手の道路交通労働時間法」は
映画翻訳家
9人乗り以上のバスに焦点をあてて例を挙げた
久しぶりにおかんのカレーが食べたくなりました。 下手くそな親父の塩辛すぎるチャーハンも食べたくなりました。 妹がはじめてつくったのは鯛茶漬けやったなぁ。
あん時はどんな気持ちで作ってたんやろうか、あん時はどんな気持ちで食べてたんやろうか。
また飯食いにそれぞれの場所に帰りたくなる作品です。
出産適齢期の女性を政治から遠ざけてきた弊害が出ている 橋本直さん
そもそも妊娠-出産-育児を任期中にする女性議員が少ないから 家族って何だろう?父親って何だろう? 忘れられないこと、とっくに忘れてしまったこと。大切な想い出。僕自身の家族への想いがスクリーンに重なって動き出す。
ショートフィルムの世界で磨き上げた魔法を使って 常盤監督が優しく、人間臭いシネマを創った !
別所哲也さん
俳優
「(国会議員の)任期中に妊娠なんていかがなものか」「公人としての自覚がない」「職務放棄か」など心ない声が届いたという
いつか来る大切な人の「食べりぃ」が聞けなくなる日も私はこの映画に救われると思う。
そして、どんなに煩わしくてもやっぱり家族をつくりたい。
奈緒さん
女優
たとえば貧困問題やLGBT問題は一生涯にわたる問題だが あの人がつくったアレ とは、時にありがたく 時に受け入れ難く 時に素通りしたりもするもので。家族になってゆけるまでの時間の道標のようです。
じっくりと 時間をかけてつくった いとおしい温度を感じました。
YOUさん
タレント
有権者が妊娠した女性に都議になってもらいたいと票を入れ代表者になったのだから 食べものが身体を作っていて 心は身体に乗っていて… 家族を繋ぐものも、 また ごはんだったりして… すれ違っていても、同じ記憶が身体に宿っている。 親が子を思う気持ち、 子が親をみる姿… 静けさの中、じんわりと考えさせられる。 わたしたちは 家族のことはどこまでわかっているのだろうか。
常盤監督にしか描けない 家族の風景、心の行方。 待望の長編デビュー ! ぜひ多くの人に見ていただきたい。
森本千絵さん
任期中に妊娠する女性議員が極めて少ないにも関わらず goen°主宰・アートディレクター




RUDY PROJECT/ルディプロジェクト SENSOR センサー アイスブルーフレーム マルチレーザーアイスレンズ
(順不同)

Copyright © iamflorida.org. All Rights Reserved.